音を防ぐ!!ノイズキャンセリングイヤホンのおすすめ

騒音対策

騒音に悩まされてる時・・・騒音元をなんとかしたいと思うのが最初だと思いますが、トラブルを避けようとするならなるべく穏便な方法にしたいものです。

今回のテーマは、音を気にならなくする方法、自身の耳に入ってくる音そのものを低減させるもの、「ノイズキャンセリングイヤホン」の紹介です。

2020年におけるオススメモデルを紹介していきたいと思います。

ノイズキャンセリングイヤホンとは?

街中の雑踏、電車の騒音、飛行機のエンジン音・・・うるさい所で音楽を聴いていると、ボリュームを上げないと音が聴こえにくいことがあります。ノイズキャンセリングイヤホンを使用すれば、気になる騒音を低減して、音楽を快適に楽しむことが可能です。

原理としては、騒音を打ち消す「逆位相」の音波をイヤホン内で発生させることによって、外部からの騒音を低減します。また、音楽鑑賞用としてだけでなく、耳栓として使えるのもメリットです。

ノイズキャンセリングイヤホンの選び方

騒音低減能力による選び方

ノイズキャンセリングイヤホンの騒音低減能力は、メーカーや機種によって異なります。基本的には価格に比例して性能は上がり、アナログ方式よりもデジタル方式の方が高性能です。

通常のイヤホンに比べて技術力を必要とするため、販売しているメーカーは限られます。現在ではBoseとSONYの2社が主流です。Boseはノイズキャンセリングヘッドホンを開発し、業界トップといわれる騒音低減能力の製品をラインナップしています。人気も高く、騒音低減能力で選ぶならまずはBoseがおすすめとなります。ただし、価格は高めです。

SONYはアイテムの小型化と高度なデジタル技術が持ち味。イヤホンとしての音質や機能面に優れているのが特徴です。航空機をはじめとする、乗り物での長時間使用を想定するなら、やや高価でも優れた騒音低減能力の製品をおすすめします。

接続方法による選び方

従来のイヤホンは3.5mm径端子による有線接続が一般的でしたが、最近ではBluetooth規格によるワイヤレス接続が急速に普及しています。

ノイズキャンセリングイヤホンにおいてもBluetooth対応機が増加してます。コードの煩わしさがないメリットがある反面、コストの増加による価格の高騰と、回路の増加による重量の増加といったデメリットがあります。また、バッテリー持続時間も短めです。

さらに、Bluetoothは元の音源データを圧縮して伝送するので、音質が多少劣化します。そのため、音質優先なら有線接続がおすすめです。ただし、3.5mmジャックによる有線接続ができないスマホも増えており、Bluetooth対応機を購入した方が楽な場合もあるので、目的や用途に応じて選びましょう。

音質での選び方

音質を重視するのでしたら、音質チューニングが巧みな企業が多い、実績のある大手オーディオメーカーから選びましょう。

なかでも、他と比較して高音質志向のモデルを擁するSONYと、ノイズキャンセリングイヤホンの開発元としてノウハウを蓄積したBoseがおすすめです。2大巨頭と言えるでしょう。

高音質を見分けるポイントとしては、「ハイレゾ対応」の有無、BA型・ハイブリッド型ドライバーの採用が挙げられます。Bluetooth対応機であればLDAC・aptX・HDコーデックに対応しているかどうかがポイントなので、ぜひ参考にしてみてください。

バッテリーの持続時間による選び方

ノイズキャンセリング機能は電力を大量に使うため、使用時間に制約のある充電式のモデルがほとんどです。有線接続機は10時間以上持続するモデルが多く、長旅にも対応しやすいのがメリット。ただし、バッテリーが切れるとノイズ低減ができないことに加え、普通のイヤホンとしても使えない場合があるので注意しましょう。

Bluetooth接続対応機の場合は送受信用にもバッテリーを消費するので、ノイズキャンセリング機能を使うと6時間前後の連続使用時間です。

また、高価な製品ほどバッテリーの持ちがよい傾向にあるので、短時間の移動や日常的な外出メインで使うのであれば、持続時間にこだわらない方が安く購入できます。なお、Lightning端子による接続機は、イヤホン側にノイズキャンセリング用のバッテリーを積んでいませんが、iOS機側のバッテリーを消費する仕組みになっています。

おすすめメーカー:ボーズ(Bose)

Boseは、イヤホンの内外に収音用マイクを搭載し、周囲の騒音を分析。相殺音波を発生させて打ち消す技術を世界で初めて開発しました。

開発以降、業界最高といわれる騒音低減能力のモデルをラインナップし続けています。2016年には騒音低減効果を環境に合わせて自在に調節できる機能を開発。ノイズキャンセリング機能に優れたモデルを探している方におすすめのメーカーです。

Boseおすすめ商品:QuietControl 30 Wireless headphone

音響機器メーカー大手のBoseによるノイズキャンセリングイヤホンです。ヘッドホン内外に緻密に設計されたマイクにより、ノイズを測定、比較し、同じ波形で逆位相の信号を生成してノイズをキャンセルしています。

耳に優しくフィットするStayHear+ QCチップがノイズキャンセリングの役割を果たしてくれます。専用のアプリを使えば必要に応じてノイズキャンセリングのレベルもコントロール可能です。

おすすめメーカー:ソニー(SONY)

ノイズキャンセリングイヤホンの分野ではBoseと肩を並べるメーカー。業界最高水準の騒音低減効果に加えて、高音質・高機能を備え、センサーを活用した環境や使用状況に応じたきめ細かい騒音低減性能が特徴です。

最近ではBluetooth機能も併用できる機種のほか、ハイレゾに対応するハイスペックモデルもラインナップしています。機能性だけでなく、音質にもこだわりたい方におすすめのメーカーです。

SONYのおすすめ商品:IER-NW500NBMJ

ソニーのハイレゾ対応ノイズキャンセリングイヤホンです。常に周囲の騒音を分析しており、その場に適したノイズキャンセリングを自動で行う「フルオートAIノイズキャンセリング機能」を搭載しています。

ハイレゾ音源に対応している「ハイレゾ対応デジタルノイズキャンセリング機能」も搭載しているので、環境を選ばずどこでもハイレゾの高音質を楽しめます。小型ドライバーユニットを採用して耳の奥に重心が来るよう設計されており、フロントハウジングの形状も変更しているため、耳から落ちにくく快適に音楽を楽しめます。

おすすめメーカー:パイオニア(Pioneer)

日本の大手電機メーカーのパイオニア。元々パイオニアはスピーカーから始まったメーカーということもあり、発音部を持つヘッドホン・イヤホンの品質に高い定評があります。

パイオニアの製品はどれも高性能ながら比較的リーズナブルなので、コストパフォーマンスを重視する方におすすめです。

パイオニアのおすすめ商品:SE-LTC5R-T

音響機器メーカーのパイオニアが販売しています。Appleの第2世代Lightning Audio技術を採用しており、Lightning経由でデバイスから直接電源を供給できます。

周囲の状況をスキャンしてノイズキャンセリングレベルを調節する「Smart Noise Cancelling」や、イヤホンを外さなくても外部の音が取り込める「HearThruモード」を搭載しています。

おすすめメーカー:1MORE(E1004)

どこのメーカー??と思われると思うのですが、中国です!

2013年に創業した中国・深センを本拠地とする1MOREが独自に開発したアクティブノイズ機能は、スイッチひとつでノイズをカットしてくれます。静かにクリアな音楽を楽しめます。

Lightning接続時により電源を供給しているので、バッテリーも不要で充電いらず。ダイナミックドライバーとバランスド・アーマチュアの構造で低域から広域まで音の細部まで表現します。

中国のメーカーなんて・・・と思われるでしょうが、これがなんとなんと、意外と悪くない!まず値段の安さ。Amazon等で売っているのですが、7,000円くらいで買えます。SONYやBoseのおすすめ商品は、だいたい3~4万円前後しますのでこれは驚異的な安さです。もちろんそれらの商品に比べたら残念な所はあるのですが(低音が弱いとか)、ノイズキャンセリング機能は7,000円の商品とは思えないほどききます。

コストパフォーマンスが非常に高い商品と言えるでしょう。中国侮れません。

まとめ

ノイズキャンセリング市場は、まだまだSONYやBoseがトップを走っていますが、中国のメーカーの台頭が激しいです。先ほど紹介した1MOREもそうですが、スマホメーカーとして有名なシャオミやファーウェイ(HUAWEI)がノイズキャンセリング商品を続々と出してきています。なんせ価格も安い!スマホだけでなく、その昔日本が1強だった白物家電が食われていったように、中国の電気製品がここまで来てるのか~といった感じですね。

日本のメーカーももっとがんばって欲しい!!個人的にはもっと価格が高くてもいいのでノイズキャンセリング機能の強い製品が欲しいです。

隣人の音を気にせずぐっすり眠れるように・・・

コメント

  1. erotik izle より:

    If you want to use the photo it would also be good to check with the artist beforehand in case it is subject to copyright. Best wishes. Aaren Reggis Sela

タイトルとURLをコピーしました