騒音でストレス感じたら?こうやって解決しろ!!!

騒音対策

 騒音は激しくストレスになります。対策方法は色々ありますが、騒音元の人に大人しくしてもらうのが一番です。そのためには「自分はうるさくしている」と、自覚してもらわなければいけません。ほとんどの人は、自分がうるさいと思われているということに気がついていません。周りの誰かが注意することでほとんどの騒音トラブルは改善します。
以下に、我慢できなくてなんとかしたい場合の行動の選択肢を列挙してみます。

自力で注意しに行く

 

交渉に自信がある人は、自分で行くのは一つの方法です。しかし最も危険とも言えます。言い争いになった時、しばしば暴力事件となります。隣人トラブルにより殺傷事件は全国で定期的に起きています。
 女性は特に自力での解決は無理でしょう。

 (メリット)
 誰も巻き込むことなく、解決するとこができます。

 (デメリット)
 口論になると仕返しされる可能性大です。顔もバレるので何号室の誰かすぐわかり、逆に嫌がらせされることもあります。危険な方法と言えるでしょう。

大家に相談

 誰かになんとかして欲しいと思った時、まずは大家さんに、というのが一番に思いつくと思います。マンション・アパートの持ち主にまずは相談してみましょう。
 しっかりした大家さんなら騒音元の人にきつく注意してくれ、改善される可能性は大です。

(メリット)
 一番、穏便でトラブルになりにくい方法です。大家を長年やっている方なら、素人よりはうまく対応してくれるでしょう。

(デメリット)
 大家さんが、あまりそういうことに積極的でない人(例えばあまりに高齢の方だったり、逆に最近大家になったばかりの人)の場合は改善の望みは薄いです。また対応やり方が下手な人が大家さんだった場合は、騒音元の人から逆恨みされる可能性があります。やり方が下手な大家さんだと、『○○号室の~さんから苦情がきててね~。』なんて個人情報を話してしまう、なんてこともありえます。そうなってしまうと最悪です。やり返されることもあります。

管理会社に相談

 管理会社が管理している物件ならば、こちらのほうが確実です。様々なトラブルに対応してきているプロですので本人に注意をしてくれたり、張り紙をしてくれる等いろんな対応を考えてくれます。

(メリット)
 ある意味、大家さんよりもプロですので、うまくやってくれる可能性は大です。

(デメリット)
 たまに下手な管理会社も存在します。また、騒音元とはいえ賃料を払ってくれている以上、大事なお客さんでもあるので無用なトラブルを避けたいとの考えから強くは注意してくれないかもしれません。

警察に相談

 夜中でも来てくれます。さすがに警察来たとなると大人しくなることは多いようですが、『警察なんかよびやがって~!』と、さらにうるさくなることもあるようです。
基本的に民事不介入なので強制的に静かにさせることまではできないようです。

 (メリット)
 公共サービスですのでお金はかかりません。

 (デメリット)
 デメリットは特にないですが、こちらの部屋番号等がバレた場合、逆恨みされることもあります。警察は目立つので、大騒ぎになることも。

友人に相談

 こういうのにうまく対応してくれそうな友人がいる場合は、その人に頼んでみるのも一つの手です。
ただ、お互いにヒートアップしやすい人同士でやり合ったとき、殺傷沙汰が起きやすいともいえるでしょう。

 (メリット)
 トラブル解決が得意、という人もいますのでそのような人に頼めばうまく解決するでしょう。

 (デメリット)
 失敗すると、殺傷事件にまで発展する可能性があります。無用な恨みを買う可能性は高いと言えるでしょう。

※当社に相談

 現在システムを構築中ですが、上記の方法が使えない人、別の方法をやってみたい人は「当社」に依頼してみるのはどうでしょうか?
 ご希望の人数(2~5人ほど)で騒音元に注意しにいきます。その際、録音録画及び気をつける旨の誓約書サインもしてもらいます。
最後の手段として選択肢の一つとしてご一考してもらえたらと思います。

 (メリット)
 注意をしたという証拠を残します。人数をかければ騒音を止めてくれる可能性は上がるでしょう。

 (デメリット)
多少の料金が発生します。
また、注意はできてもそれからずっと騒音がおさまる、という保証もありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました